投稿

工事の安全を祈願しに

イメージ
  発注者である国土交通省 江戸川河川事務所 江戸川上流出張所及び、工事施工中の関係業者による安全協議会で、江戸川上流出張所のご近所にある 西金野井香取神社にて安全祈願祭を行いました。 無事故、無災害をご祈念し、お守りを頂きました。 まだまだ工事は続きますが、関係者が無事故で、また、笑顔で工事を完了できることを目指して工事を行います。

金杉・築比地だより 1月号発行しました。

イメージ
 R2江戸川右岸金杉地先基盤整備工事 金杉作業所では、工事の施工状況等について、近隣自治体や関係機関に回覧を行っています。 1月号を発行いたしました。 築比地地先について 、盛土工事を進めています。1月上旬にはダンプトラックによる土砂運搬を完了する予定です。 盛土の法面をバックホウ(ICT活用:マシンコントロール)で整正し、仕上がり具合の確認としてドローンによる空撮を行い確認を行います。 出来形の確認後、盛土土砂が風雨等により流れ出たり、崩れたりすることを防止する為、準備作業時に行った表土剥ぎ取り作業で発生した表土(草の根を含んだ)を盛土法面に敷き均してします。 金杉地先について 、道路構想物として、道路排水構造物や取付道路のコンクリート擁壁などの施工を進めています。 今回設置する管理用通路上にあり、支障となる電柱等の移設を待って、舗装の準備を進めていきます。 道路構造物の施工が完了後に堤防の盛土作業を行う予定です。 通行止めなどご不便をおかけしておりますが、早期の工事完了に向けて作業を進めてまいります。 工事だより1月号 表 工事だより1月号 裏

ダンプトラックの過積載対策

イメージ
  朝も随分と寒くなってきました。  金杉作業所では築比地地先の築堤盛土を行っています。  盛土材料の土は、4キロほど離れた場所にある国土交通省の土砂ストックヤードよりトラックに積み込み、現場まで運搬して施工しています。  ダンプトラックに土砂を積込祭には、各ダンプトラックの最大積載量を超えないよう、バックホウで土砂を積み込む際に重さを計測しています。 【日立建機日本】ICT_荷重判定装置_ロードライト_製品PV  YouTube  現場では発注者による過積載防止対策の確認を受けて作業しています。   積込状況の確認 ロードライトから出力されたレシートを確認 過積載の有無を確認 土砂運搬では合計9台のダンプトラックで運搬を行っていました。その全台数の積み荷の重量をチェックし過積載防止対策が実施されていることを確認されました。 バックホウキャビン(荷重判定装置付き)

金杉・築比地だより 12月号発行しました。

イメージ
R2江戸川右岸金杉地先基盤整備工事 金杉作業所では、工事の施工状況等について、近隣自治体や関係機関に回覧を行っています。 12月号を発行いたしました。 また、当初契約をしました工期について、令和4年1月31日の工期末日を令和4年3月31日に変更いたしました。 管理用通路(松伏町道)の開通予定合わせて2月下旬へ変更いたしました。 通行止めなどご不便をおかけしておりますが、早期の工事完了に向けて作業を進めてまいります。 表面 裏面

休憩はお洒落な竹林カフェで!

イメージ
 築比地地先では大型重機による盛土作業を行っています。 そんな作業中の午後の休憩時間、施工箇所に隣接するお洒落なカフェで休憩です。 カフェは、竹林カフェさん  Twitter 戸邊建設職員と協力業者のアール・エイチ興業(株)職員でしばし休憩しました。 先週の金曜日はホットはちみつを頂きました。 アイスウィンナーコーヒーとはちみつトースト コーヒーを飲む監督の工藤さん 大変おいしいカフェですので、ご近所に立ち寄った際にはぜひ立ち寄ってみてください。 営業は、金・土・日・祝日 8:30~15:00 (悪天候の日はお休み)

クリスマスに向けて工事は進みます。

イメージ
 夏の暑さからすっかり 冬が近づき、風のある日は寒気が身にしむようになりました。 そんな金杉作業所ですが、🎃ハロウィンのお化けが居なくなった作業所へサンタクロースがやって来ております。 作業所の見張り番をお願いしました! 築比地作業所では、表土の剥ぎ取りを終えて、盛土の為の段切りを行いました。 段切りの施工は、ICT活用によりマシンコントロールバックホウで作業を行いました。 バックホウのオペレータはキャビン内のモニターを見ながらレバーを操作しますが、あらかじめ入力された設計データ(完成形状)に自動でバケットが掘削を行ってくれます。 今回も日立建機さんの協力で作業を行っています。 下記のリンク先は、当社で2021年3月に施工した時の事例を取り上げていただきました。 日立建機GLOBAL ICT施工 導入事例 > ICT施工は、一度やれば大丈夫 河川土工に積極採用 戸邊建設ではi-Construction(3D情報化施工技術)の活用をはじめ、快適トイレの導入等の作業環境の改善を図り、働く環境の快適化を進めております。 また、作業手順や重機操作等は職員が丁寧に教育を行います。 未経験者、女性スタッフ、女性オペレータ歓迎します。

表土剥ぎ取りから盛土へ

イメージ
 R2江戸川右岸金杉地先基盤整備工事の施工箇所は、金杉地先と築比地地先の2箇所が有ります。 築比地地先では、11月の非出水期※1 より本格的に盛土工事を行います。 施工現場では、盛土工事に先立ち現在の堤防に生えている草根を除去し、法面に段切りを行い盛土材料と現地の地盤とのなじみを良くして盛土を行います。 3次元設計 完成断面及び段切り断面計画 段切り断面設計データ 表土剥ぎ取り状況 ※1 出水期 は川が増水しやすい時期をいいます。 融雪の時期、集中豪雨(梅雨)や台風多いの時期が出水期にあたります。 非出水期 は、川が増水しない期間(出水期以外の期間)をいいます。 日本では、一般に6月~10月頃が出水期にあたりますが、雪が多い地方では雪融けの多い3~5月が出水期になります。